SOLUTION

- ソリューション情報 -

放送・映像ソリューション

日本の映像ソフト市場は約6兆円規模で、現在も拡大傾向にあります。

うち半分以上を占める放送・CATV業界は今そのあり方を大きく変えようとしており、
また近年のインターネット映像の台頭によって、動画市場は新たな広がりを見せようとしています。

一方業界では、4Kカメラやネットワークへの対応が必須課題であると同時に、スポンサー予算の縮小により、制作会社はより少ない人員で撮影から編集までのワークフローを完遂する必要性にかられています。

映像関連機材においては、近年民生ビデオカメラの性能が飛躍的に上がっており、業務用ビデオカメラと遜色ないレベルになってきていることから、それらを用いた安価で柔軟な撮影システムの利用へとシフトしてきています。

カナリアでは、市販の民生ビデオカメラを中心に幅広いカメラ機種に対応できる特撮システムを提供しており、初心者からプロまで誰でも直感的に操作・設置ができることから、放送・映像業界における小型リモート撮影領域の世界標準になっています。