北海道教育大学 岩見沢校様 スポーツ行動分析システムへの応用 超小型雲台+ボタンコントローラ(赤外線)

伸縮ポールスポーツ分析NEX-VG30H

スポーツ行動分析システムとして
体育館高所からの映像を手軽に撮影

北海道教育大学様に、「超小型雲台+ボタンコントローラ(赤外線)」をご利用いただきました。
今回の事例は、「スポーツ行動分析」がご目的です。
カナリアのリモートシステムをご導入いただくことで、手軽な高所撮影を実現しました。

 

利用シーン

体育館での広範囲で実施されるスポーツ活動を撮影され、人やボールの動きの分析にご活用頂いています。
現在は、体育館フロアから約10m上の4隅に伸縮ポール(10m)を立て、ビデオカメラ+リモート雲台を設置しています。機器の操作は2Fのランニングデッキから行っています。
搭載ビデオカメラはSONY NEX-VG30H。ビデオカメラ付属ワイヤレスリモコンによるカメラ制御が可能です。
体育館の構造に関らず高所から撮影できること、またスポーツ活動の種類によってカメラの設置位置や撮影アングルの調整が必要であることから、カナリアのシステムをご導入いただきました。


実際に雲台に搭載されたSONY NEX-VG30Hで撮影された映像

体育館4隅に設置、ポールは10mまで伸縮可

 

システム構成

導入製品
超小型雲台+ボタンコントローラ(赤外線)

 

感想

北海道教育大学 岩見沢校  奥田 様

伸縮ポールとリモート機能により、様々なスポーツ活動の分析に応じた映像を手軽に撮影できています。
カメラを高所に設置し、小型モニタを確認しながら雲台をリモート操作できるため、これまで撮影困難であった活動での撮影やカメラ設置の手間が省けました。

 

ユーザープロフィール

北海道教育大学 岩見沢校
〒068-0835 北海道岩見沢市緑が丘2-34