株式会社ドワンゴコンテンツ様 リモコン雲台で省スペース撮影と映像配信 超小型雲台×2+小型雲台×2+4chコントローラ(LANC)

三脚HDR-CX720Vステージイベント

ステージ前方の省スペースで
生放送言論イベントの4カメスイッチング撮影

2013年4月27日(土)・28日(日)来場者数10万人、ネット視聴者数延べ500万人を超すビッグイベントとなった、 「ニコニコ超会議2(会場:幕張メッセ国際展示場1~8ホール)」にて、「超小型雲台×2+小型雲台×2+4chコントローラ」をレンタルご利用いただきました。
カナリア雲台が活躍したブースは「超ニコニコ言論コロシアム -混ぜるな危険! 言論の闘技場から生中継@ニコニコ超会議2」。登場した安倍晋三内閣総理大臣や堀江貴文氏(ホリエモン)をリモコン雲台を使ってカメラにおさめ、その映像はニコニコ生放送にてネット配信されました。

 

利用シーン

本ブースのカメラは、有人カメラ1台と、リモコン雲台4台。
有人カメラでは、観客の並ぶカーペットの後ろに「HXR-NX5J」を配置され、主にブース全体をワイドに撮影されましたが、出演者をアップで追いかけるなど、カメラマンの機動力を活かした映像撮影をされました。
リモコン雲台は、ステージ前中央に雲台3台を設置され、主にステージ上の出演者のアップを撮影されました。 またステージ前下手にも雲台1台を設置され、観客席の様子や、上手から登場する出演者を撮影されました。搭載カメラはすべてSONYハンディカム「HDR-CX720V」で、ズームのリモート操作も可能です。

対談・討論の撮影の際、出演者ひとりひとりにカメラを用意できない場合は、喋っている人をカメラマンが移動撮影し、映像をスイッチャーでタイミングよく切り替えていく必要があります。
今回の場合、一度に9人もの出演者がステージ上で討論を繰り広げる企画がありましたが、 2日間で合計7つの企画タイムテーブルが決まっているため、出演者に合わせた機材の設置・移動が難しく、出演者分のカメラを用意することは叶いません。 しかし、カメラマンによる移動撮影を行うためのエリアをステージ前に取ると、観客のスペースが減ることになります。
カナリアのリモコン雲台をご利用いただくことで、観客のスペースを確保しながら、4カメをフルに活かしたスイッチング映像撮影をして頂くことができました。


ステージ前下手側に1台、ステージ前中央に3台の雲台+三脚をセット。カメラマンいらず、コンパクトで目立たない。

事前テスト時の様子。スイッチャーAW-HS50と併用。

カメラリモート・電源供給・映像出力が可能。

ステージ前下手雲台の撮影映像

ステージ前中央雲台の撮影映像

 

システム構成

導入製品
超小型雲台×2+小型雲台×2+4chコントローラ(LANC)

※上記の図は当システム以外を省略しています。

 

感想

㈱ドワンゴコンテンツ テクニカルディレクター 宇賀神様

今回は4chコントローラーを使用させて頂きました。 観客を入れてのステージイベントということで、カメラマンを入れるスペースを空けて、できるだけお客様に入ってもらいたいということで、リモコンカメラを利用しました。
4chコントローラーの動きはスムーズでしたが、小型カメラとの組み合わせに軽量三脚(SONY VCT-80AV)を使用したためか、パン停止時の揺れが大きく、ほぼ、Fix(静止)の画のみの使用となってしまいました。
しかし、操作は慣れるとスムーズに切り替えもでき、4カメをフルに活かせるスイッチングができました。 システム上、ズームスピード変更や絞りの調ができないことが残念でした。 可動域が広いため、観客席からステージまで、180度のパンも可能でカメラの有効活用ができたところは良かったです。

ニコニコ超会議2 言論コロシアムブース @幕張メッセ
4/27(土) 超ニコニコ言論コロシアム -混ぜるな危険! 言論の闘技場から生中継@ニコニコ超会議2[DAY1]
4/28(日) 超ニコニコ言論コロシアム -混ぜるな危険! 言論の闘技場から生中継@ニコニコ超会議2[DAY2]

 

ユーザープロフィール

株式会社ドワンゴコンテンツ
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-31-1
浜町センタービル
©niwango,inc. All rights reserved.